ロ字ック

今日は友人の小野寺さんが出演している、劇団ロ字ックの劇を観に行ってきました。

 

内容は人間が一緒に仕事や活動するにあたってどうしても避けられない、

人間関係の裏側の部分をドロッと、かつ痛快に表現していました。

 

笑いあり涙あり歌ありダンスありセクシーありバトル(?)ありとジェットコースターのような濃い内容が目の前3メートルで繰り広げられ圧巻です。

とくに役者さんの開き直ったかのごとき狂った演技は最高でした。

見に行ってよかったと思います。

 

http://www.roji649.com/

 

 

あと、銀座の泰明画廊さんのほうで、来年の初めあたり個展をさせてもらえるかもしれません。

 

先日お邪魔したときには作品の売買などについての勉強をさせていただきましたが、

想像以上にシビアな世界だな、と感じました。

自分にとっては作品でも、画廊にとっては商品なので、そこらへんの温度差をやはり感じたというか。

よりよい商品にするために作品の形式を変えるのか、どうか。

 

 

エボシドリ。

 

鮮やかな黄緑のカラーリングとヤンキーみたいな髪型がお気に入りの鳥です。